aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
自宅ではMacしか使わないので、ケータイ関連のツールはあまり選択肢がない。

以前からユーザーだった携帯シンク for Mac 5がようやくSO905iCS対応になった。docomoの純正のFOMAケーブルで接続しているけれど、無問題。やっとバックアップがとれるようになった。

ケータイのUSBモードをmicroSDモードにすれば、iPhotoが起動してカメラ画像をハンドリングできるし、movaの頃よりは、Macユーザーは恵まれてるね。


スポンサーサイト
お昼にソフトウエア更新のマークが表示されたので、移動中に更新をかけた。およそ25分で完了。

カメラ機能の不具合対応みたいだけど、なんとなく全体にキビキビと動く印象。画質ももう少しよくなってもいいと思うのだけれど。
購入から4日、週明けのいつもの暮らしの中でSO905iCSを使ってみる。

電車の中でメール。読むときはスライドしなくてもいいので気にならないけれど、メールをうつとき時にシャキーンとスライドすると、その存在感に隣の人の視線を感じる。文字入力は慣れたPOBoxだし、キーもクリックが感じられて打ちやすい。スライドの上段のキー配置は最初は違和感があったけれど、もう慣れた。問題は重量バランス。スライドさせた状態だと、上段側に重心がずれるので本体をしっかり持たないと落としそうになる。自然とストラップを指にはさんで支えるような形になった。

カメラは、うーんどんなに調整してもパッとしない。撮った写真をケータイでみている限りはそうでもないけれど、PCで見ると、異常に偽色が多い。印刷物でいうとマゼンタだけトンボ一本版ズレしているような感じ。その傾向は広い面積のハイライトで顕著だ。中間色からシャドウにかけては、ベッタリとした絵作りになることもあって目立たないのかな。なんだかキャリブレーションしたい気分。

FOMAははじめてなので、着うたもどきを作ったり、Flashで遊んだりとあっという間にパケット料金がすごいことになったので、パケホーダイに契約変更。ま、2ヶ月くらいは仕方ないかな。


今日は、SO905iCSの発売日。午前中に、成城のDocomo Shopに在庫確認して、そのまま取り置き。

夕方買いにいったら、窓口で手続きしていた左の人も、右の人もSO905iCSだった。
movaからFOMAへの変更だったので、ACアダプタの購入を忘れたりなんてこともあったけれど、無事に入手しました。

期待のカメラは、操作感はやはりケータイだね。シャッターを開けてから撮影可能まで、4秒くらい。待たされてイラッとするかぎりぎりのところ。よっこらしょという感じ。それよりデフォルトのオートフォーカスが遅すぎる。

それ以外の機能は、まあ普通のケータイだけど、この大きさを存在感があると思うか、無駄にでかいと思うかは微妙なところ。

仕事帰りに下北沢のDocomo Shopで道草。

905iCSがそろそろ発売かなと思っていたら、2/15発売と手書きポップが。
店員に、「予約したいんですけど」と言ったら、「入荷数がわからないので、予約は扱っていないんです」とけんもほろろ。

某巨大掲示板では、関西は入荷すらせず、お取り寄せ状態だとか、予約すらできないのは下北沢だけでは無いらしい。売る気があるのかね。機能で差別化しているんだから発表段階から予約ぐらい受けて、生産量を決めたほうがいいんじゃないの。

auのCyberShotを検討したほうがいいのかな。


買い替え候補のSO905icsのモックが新宿のヨドバシに並んでいたのでチェック。

大きいなあ、が最初の印象。比較対象が、preminiIIだから仕方ないのかも。スライドの感覚は悪くない。上段のディスプレーとキーパッドの段差が少し大きいけれど、これは慣れる。レンズカバーのスライドは思った通り。カバーをスライドするだけで、カメラが起動するなら、撮りたい時にシャッターが押せるかな。あとは起動時間が早いといいなあ。

ということで、ほぼ購入決定。発売日はいつかな。予約したい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。