aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
年末にAmazonから届いていたビクトル・エリセDVD-Boxをようやく鑑賞。

aij[beta] ビクトル・エリセにも書いたように、"エル・スール"が見たかったんだよ。20年ぶりの再会。

年をとったせいか、父親の感情がより濃密に伝わってくる。スペインの北部の美しい情景と果たされなかった約束に、しばし心が揺れる。

原作も翻訳されるそうだ。原作では南へ行ったその後も描かれているらしい。映画としては未完とは思わないので、別の作品として楽しめるのかもしれない。



スポンサーサイト
担当しているシステムがピークを迎えている、といっても特に忙しいというわけでもないのだけれど。

実際には、このピーク時の安定稼働を目指して一年やってきているわけで、細かな変調を見逃さないために監視は慎重になるので、緊張感は高い。トラフィックはどうか、エラーは上がらないか、ユーザーレスポンスはどうか、何事もなければよいのだけれど、何となく手持ち無沙汰で待ち時間が長い。

こんな時期に、こんなDVDをみるのはどうかと思うけれど、"真夜中の招待状"と"新・猿の惑星"を見た。

真夜中の招待状
永遠のフォトジェニック小林麻美が出ているだけの映画だ。ストーリーはよくわからないし、伏線は見え見えだし。小林麻美も台詞は鈍くさいし、何度もお色直しするから、印象が持続しない、お嬢様なんだか、キャバ嬢なんだか微妙な衣装と化粧。だが美しい。とぼんやり見ているだけでいいはずなんだけれど、野村芳太郎のこの映画と"震える舌"は私にとって二大トラウマ映画なのだ。この映画の鍵となる異形の人のスケッチが怖い。あまりに作り物っぽくなるせいか、実物を正面から写す場面がないから余計にスケッチの印象が深くなり、怖い。最初に見た時は夜中にうなされた。それ以来20年ぶりくらいなのだけれど、やはり怖かった。


新・猿の惑星

それに比べて猿の惑星は落ち着いて見ていられる。猿の惑星シリーズの第3弾。
シリーズの中では、この3作目と4作目が好きだ。3作目は、1作目の逆パターンで、現代の地球に、未来から猿が宇宙船でやってくる。ジーラとコーネリアスのキャラクターだけで持っている映画だ。低予算のせいか、お金がかかっているのは冒頭の宇宙船の帰還シーンだけで、あとはハリウッドの周辺で適当に撮った感がいっぱい。最後も廃船で迫力の無い銃撃シーン。でも脚本はうまくできてるし、きちんと次作への伏線を盛り込んで面白い。
昔の映画が見たくなって、思いついたのがビクトル・エリセの"エル・スール"。

ビクトル・エリセはスペインの寡作な監督で、私の知る限り3本しか作品がない。オムニバスに参加しているらしいが未見。"ミツバチのささやき"が一番有名だと思うけれど、私はこの"エル・スール"が好きだ。背景にスペイン内戦があり、心に深い傷があるらしい寡黙な父親と父を慕い成長していく娘の物語。まさに映像詩というようなシーンが物語を語り、音を吸い込む。映画館で見たときは、ちょっとびっくりして息が苦しくなった。

何回かいわゆる名画座で見たきりで、久しぶりに見たいなと思い、探してみた。TSUTAYAにはなし。まあこれは仕方がない。他のDVDレンタルもなし。うーん、こういう作品こそ在庫すべきだと思うんだけどな。

さてAmazonでは、中古で34,800ってどんなプレミアだよ。
再発してくれないかなぁ。

エル・スールエル・スール
(2000/06/30)
オメロ・アントヌッティ、ソンソレス・アラングーレン 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。