aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
品川で行われた「Adobe Acrobat 9 新製品セミナー」に行ってきた。

スライドの2枚目に"PDFといえばAcrobat"とあって、Adobeの焦りも感じる。
最近のAdobeの製品投入サイクルは18ヶ月になっていて、新ヴァージョンの投入タイミングがCreative Suiteと足並みが揃わない。企業としての収益を考えると、揃えられないというのが本音だろう。だからというわけではないが、Acrobatの新製品セミナーは常にビジネスユーザー向けだ。

製品ラインナップは、Windows版がExtend、Pro、Standardの3種類。Mac版はProのみ。MacユーザーでStandardを選ぶ人は少ないと思うので、これは妥当なところか。
Extendのみの機能はCAD系3Dモデルのサポートと、PowerPointベースのeラーニングコンテンツの作成、ビデオ系をflvに変換してPDFに挿入する機能。3Dモデルが必要な人は仕方がないが、flvとeラーニングコンテンツは、私には必要ない気がした。PDFであれだけ標準化にこだわっているAdobeがなぜflvなのかよくわからない。

セミナーではデモを交えながら、PDFポートフォリオ、フォーム作成の簡素化、共有レビュー、リアルタイムな画面表示共有、文書比較の高機能化が紹介された。ただしこれらは厳密にいうと、新機能ではなくて、いままであった機能のブラッシュアップだ。それぞれの機能のダイアログがわかりやすくなっているけれど、やけに横幅が広くなって、XGAでは辛い。

コラボレーション関連は、いままでメールベースだったものが、ファイルサーバー、SharePoint、Acrobat.comと共有インフラの選択肢が増えた。Acrobat.comに関しては"パブリック・ベータ"という表現をしていた。いままで、APIを使用して開発が必要だった部分を製品に落とし込んだようだ。パッケージを購入しているユーザーにとっては敷居が低くなって試してみようかと思わせる。SharePointをサポートしているところがちょっと面白い。WebDAVの実装系では一番シェアがあるということだろうか。インターネット経由のAcrobat.comでの共有を使ってみたい。

そういえば、PDFのヴァージョンは1.8にはならないのかな。


スポンサーサイト
Acrobat 9が発表された。Adobe - Adobe Acrobatファミリー

ユーザーとしては特に欲しい機能がついたわけでもなく、奇数版だからハズレかなくらいの印象。Flashを取り込んでドキュメントをリッチにというけれど、ピンとこない。どのくらいのユーザーがそれを望むのかな。まあ、webサイトのドキュメント化というニーズはありそうだけど、オフィスユーザーにはあまり関係ない気もする。

コラボレーション環境(Adobe Acrobat.com - Work. Together. Anywhere.)をAdobeが用意するのは賛成。この部分は実際に使われないと効果がわからないし、AIRのプロモーションとしても機能すると思う。ただし、Adobeがサービスプロバイダーとして、Microsoft、Googleと競争できるかというと難しいのかな。"Work. Together"というようにビジネスに特化できるのならば、意外と善戦するのかも。やはりGoogleは個人ユースというイメージで日本のビジネスユースには向かないし、Microsoftは本気のようだけど、どこまで信頼できるのかが不明。FlashとAIRとPDFでどこまでこのフィールドに入り込めるのかがポイントだと思う。あれっ、Adobeって何の会社だっけ。

ようやくAdobe Creative Suite 3 Design Premiumを導入。

ベータ版やらプレリリースやらをアンインストールして、Adobe CS3Clean Scriptを使用して、ゴミデータを削除。

インストールは30分くらい。アクティベーションはずいぶんスムーズになった感じ。Version Cueデータの移行をして、Version Cue2をアンインストールしたら、今日は時間になりました。




Adobe Illustrator, PhotoShop、InDesign、Dreamweaver、Flashだけど、Illustratorはなぜ"AI"や"Il"じゃなくて、"Ai"で'i"が小文字なんだろう?デザイン上の問題かな?

続きはまた明日。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。