aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Boot Camp 3.0が落ち着いたので、Parallels Desktop 3.0 build 4124を試用してみる。

まずは、既存の3188をアーカイブ、ダウンロードした4124を開いてインストール。OSXの再起動を求められるので、再起動。
再起動後、Parallels Desktopを起動すると、Activation Keyを入力するダイアログが開くので、3.0アップグレードのKeyを入力した。

仮想OSはBoot Camp上のWindows XPを選択。一応、新機能のために3D Supportのチェックをオンにして、仮想OSを起動。
勝手にParallels Toolsのインストールが始まる。途中で新しいデバイスのドライバを設定するウィザードが起動するが無視。
Parallels Toolsのインストール後、仮想OSを再起動。
Coherenceモードで立ち上がりました。

さて、Windowsの見た目は特に大きな変化がないように見えるけれど、OS X側にWindowsのヴォリュームがマウントされています。
ここは読み書きができるようになっている。



共有のプロパティを見ると、MacFUSEを使ってマウントしているみたい。




ターミナルからlsしてみると、OS Xのログインアカウントがownerで666になっている感じ。まあ、Windowsの管理共有と考えればいいかな。セキュリティ的には、ちょっと気になるところ。

機能的に一番使いそうなものは、SmartSelect。
OS X側のドキュメントをWindows側のアプリケーションで開いたり、その逆でWindows側のドキュメントをOS X側のアプリケーションで開いたりという機能だ。両方のアプリケーションを一度起動すると、拡張子とのマッピングが自動的に記録されるらしく、右クリックで、どちらで開くか選べるようになる。
もちろんデフォルトにしたいときは、それぞれで指定すればいい。




OS X上のMicrosoft Office 2004はUniversal Binaryではないから、起動時のモッサリ感がいやだけど、WindowsのOffice 2003で開くほうが快適だ。OS XのMailで添付ファイルのexcel ファイルもWindowsで開いてしまえばストレスがない。さらにいえば、AdobeのAcrobat 8やCS3..(以下20文字自粛)。

アプリケーションとドキュメントのマッピングを、仮想OSとOS Xの通しでコントロールできるインタフェースが欲しいところ。

性能的には、VMware Fusionの方が上という話もあるけれど、一般的なオフィス仕様ではストレスなく使えるし、Windowsとの統合はいいかんじ。

追記
と思ったら、もうbuild 4128がでてました。
スポンサーサイト
早速Boot Camp1.3をインストールしてみた。

Windowsのドライバインストーラーが格好良くなっています。以前は、ドライバに署名がないので、警告がでて、インストーラー画面の後ろに隠れてしまって、インストールが進まないよう見える状態があったけど、今回は警告が出ないので、署名を付けたのだろうか。すんなり終了。

何よりうれしいのは、イジェクトやバックライトのキーボードアクションがオンスクリーン表示になること。Apple K proの機能が取り込まれたかんじ。

  • キーボードバックライト(MacBook Pro)のサポート

  • 暗くなるとちゃんと光ります。

  • Apple Remoteのペアリング

  • 時間がなくてためせなかった。

  • グラフィックドライバのアップデート

  • 最新ドライバに更新されるけど、特に機能の差は感じないな。

  • ドライバインストーラーの向上

  • はじめて、BootCampを使う人も戸惑わないと思う。WindowsのOSのCDと、ドライバーCDを渡せばOSインストールの経験があれば誰でもできるんじゃないかな。

  • インターナショナルキーボードのサポート

  • キーボードに合わせて、IM関連が勝手に設定されるようだ。私はUSキーボードなので、EN設定が追加されました。最初日本語入力ができなくなったと思ってあせった。

  • ローカリゼーションのフィクス

  • よくわかりません。

  • Windows Helpの更新

  • より親切度がましたようだ。


てことで、製品版に近づいたなあというかんじ。あとはタッチパッドと、電源・ハイバネーション関係の安定度かな。問題はパブリックベータの使用期限とLeopardのリリースとの関係というところ。いよいよWWDCへ期待だね。ファイルシステム関連のサプライズがあると面白いな。

追記
細かいところでは、リモートデスクトップを使用した時のキーボードの認識違いがなくなった。記号類とくに¥マークがちゃんと出ます。サーバーの管理業務ではいちばんうれしいかも。
Pallales Desktopのアップグレードキャンペーンにぎりぎりまにあったのもつかの間、早速Parallels Desktop3.0のベータが来て、おまけにBoot Campの1.3も来ましたApple - Boot Camp
とりあえずBootCampから

Boot Campの新しい機能は、

  • キーボードバックライト(MacBook Pro)のサポート

  • Apple Remoteのペアリング

  • グラフィックドライバのアップデート

  • ドライバインストーラーの向上

  • インターナショナルキーボードのサポート

  • ローカリゼーションのフィクス

  • Windows Helpの更新


とのこと
新しいMacBook Proへの対応が中心なのかな。
私のMacBook Proは初代なので、ダウンロードしてお試し中。
MacBook Pro EFI Firmware Update 1.2がソフトウェア・アップデートにきていたので、適用してみた。BootCampでMacBook ProにインストールしたWindows XP上で、休止状態から復帰すると、トラックパッドが使えなくなっていたのだが、改善されたみたい。
Apple Store(Japan)  実は、二本指クリック-トラックパッドに指を二本置いて、クリック- は不慣れなせいと、二本指タップと違って指を三本使うせいもあって、あまり使っていなかった。マウスを使っていたので、トラックパッドが使えなくても、あまり不便に思わなかったけど。トラックパッドスクロールは使うから、まあよかった。本当は二本指タップが使えるのが一番いい。
あとは、トラックパッドの水平方向の感度が時々悪くなるのも改善されるといいな。

追記
スタンバイはいいけど、休止状態にするとトラックパッドは効かない。改善されてないや。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。