aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
忘年会の一発目。新宿はそれほど寒くなかったけど、まだシーズンという感じではない。
今年はあと4発くらいか。
スポンサーサイト
週末の下北沢は、土曜日は午後から人混みが激しく、日曜日は午前中から人が多いので、地元民としては、土曜日の午前中に買い物するのが習慣だ。

今日は祝日なので、どうかなと思ったら、普段の土曜日よりも人が少なくて、歩きやすい。

今日は午後から、長野行き。えびす講に詣ります。
季節外れだが、南千住「尾花」で、鰻。
うざくでビールがうまい。

南千住は久し振りだったが、駅前がずいぶん変わっていた。昔はもっとワイルドで饐えた匂いの街だったのだが。高層マンションも建設中で、すっかり普通の街を装っているが、通りを一本入ると、手書きの短冊メニューがならぶ居酒屋と道路で寝ている人。昔とそれほど変わらない。

回向院を抜けて、ガード沿いを歩くと、変わらぬ「尾花」の佇まい。常磐線の通る音を聞きながら食べる鰻は変わらずうまい。
例年この時期になると、東京はあまりみかけない地方のナンバープレートを付けた車でいっぱいだ。

昨年くらいまでは、関西系のナンバーが多かったが、最近は北陸や中国地方のナンバーも多い。
というわけで、少し脱出のため明日は大阪。淀川の花火を初観戦。
長野から少し寄り道して、小諸へ。小諸城趾の懐古園で、紅葉を愛でながら一息。

DSC000690.jpg


来年の大河ドラマの山本勘助が小諸城を築城したのだという。来年は観光客も増えるのかな。1時間半ほど、懐古園をめぐった後、小諸市内を散策。

DSC000710.jpg


古い小さな城下町は、散策にちょうどいい。本陣跡から、ゆるい坂の両脇に昔の作りの商家が並ぶ道を歩く。
今日は小雪だそうな。
街もコートをきている人が多くなった。昼間は暖かだったけど、帰りは風が冷たかった。
80年代の後半は、一日の大半を映画館で過ごした。
といっても封切館ではなく、いわゆる名画座だ。飯田橋 佳作座、ギンレイホール、八重洲スター座、目黒シネマ、早稲田松竹、高田馬場パール座、早稲田ACTミニシアター、池袋、文芸座、文芸座地下、シネマ・ロサ、セレサ、亀有名画座、新宿昭和館、浅草 東京クラブ。ぴあとかシティロードを飽きることなくながめ、一週間のローテーションを考えて、ひたすら映画を見、あてどもなく街をうろうろと歩き続けた。

そんな、気分を久しぶりに思い出せたのは、この本だ。

東京名画座グラフィティ 東京名画座グラフィティ
田沢 竜次 (2006/09/12)
平凡社

この商品の詳細を見る


あの頃、私にとって、街を歩くことと映画を見ることは、同義語だった。
映画館の数だけなじみの街があった。もう一度、あの暗闇を思い出して見よう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。