aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ムーンライト越後は、東京に住む新潟の花火好きにはありがたい列車だ。新潟、片貝、長岡、柏崎と花火が終わり新幹線の最終が終わっても、なんとか東京に帰ることができる。
長岡発1:10 新宿着5:10。ほぼ満席だ。
朝焼けの光の中を新宿に向かう。
もう少し寝心地がよければなぁ。




スポンサーサイト
神戸に行くと夜景を撮りたくなる。

神戸夜景


ホテルのバルコニーからシークルーズ船が戻ってきたところをパチリ。
夜景は三脚がないと辛いな。今使っているのはベルボンの一番安いやつだけど、もっとコンパクトな三脚が欲しいなぁ。

20080528232502

SO905iCSで。
20080528213451

SO905iCSで。
なんとなく、雪景色が見たくなって京都へ。

ホテルで朝粥をいただいて、外を見ると雪がちらついている。といっても市内に雪が積もっているわけではない。

午後から、車で大原へ。30分程走ると、そこは雪景色。時折、雪がちらつく。
三千院の横を通り抜けて、奥の勝林院。
P1260038.jpg

これ以上積もると雪に埋もれてしまうし、絶妙な感じ。

左を折れて小道を進むと、宝泉院。
小さな建物であるし、庭も小さいのだが、柱と柱の空間を額に見立てた額縁庭園が素晴らしい。
P1260029.jpg


緋毛氈の上で、抹茶をいただきながら雪景色を鑑賞。

P1260026.jpg


しばらく眺めていても飽きない。雪が降りしきる庭と奥に見える山並みが見事。

三千院で阿弥陀三尊像を拝観して、寂光院へ。

大原のさらに奥まった突き当たりが寂光院。壇ノ浦で生き残った建礼門院の終の住み処。
P1260042.jpg


本堂は焼失して、再建されたばかりだが、雪の中で見事な佇まい。

P1260035.jpg


雪景色を堪能しました。

20071225163259
仕事が済んで、温泉につかる。
朝一番で、善光寺にお参りしてから須坂へ。

昨年、小布施に行った時、通りかかって以来少し気になる町だ。昨日の寒さから比べると、日中は暖かい陽が射して、歩くのには都合が良い。

小布施と同じくらいのスケールの町かと思っていたら、かなり広い。駅前の観光協会でもらった地図を参考にして歩き始めたが、目的地までなかなか遠い。町全体を見ようとすると、一日がかりになりそうだったので、いくつかの神社仏閣と、博物館、美術館をめぐった。

紅葉もピークを過ぎたところだが、立派な造りのお寺の境内に敷き詰められた落葉が美しい。

気に入ったのは豪商の館 田中本家博物館。見事な紅葉の庭を眺めながら、ぜんざいを食べるのもいいが、企画展示されていた、大正時代を中心とした子供たちの玩具と、慈しまれた育ったであろう豪商の子供たちの写真が印象深い。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。