aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日Amazonから届いた"志ん朝初出し"を一気にリップ。CDDBに登録されていないようだったので、入力して送信しておいた。

この時代にCD12枚組の箱がどれほど売れるのかなあ。配信で、一席500円だったらより広くアピールするんじゃないか。なんとなく、売り方そのものが客を選んでいるような気がする。




スポンサーサイト
ダイレクトメールを読んだときはそれほどでもなかったのだけど、サイトを見ているうちにだんだん物欲がわいてきた。

E-P1|デジタル一眼カメラ
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/17/029/index.html



なんといっても、そのフォルム。コンパクトカメラから連想されるイメージを具現化している。ケータイで写真を撮ることがネイティブではない世代(35歳以上かな)にとって、カメラをイメージするとこうなるのではないか。

私は、デジイチを持ち歩くことに抵抗があるので、これだったら許せる範囲かな。
惜しむらくは、内蔵フラッシュがあればなあと思う。

あとは質感を確認しに、ショールームに行かなくちゃ。



本格的に梅雨に入ったので、いろいろと準備。除湿器がフル稼働だし、クローゼットに除湿剤。雨用の靴を買い、最後に傘。

2ヶ月前にオーダーした傘が届いた。



62cm x 12本骨 マラッカダンディモデル 無地●特別仕立て(傘本体)作成期間約2ヶ月


傘に2万かよと思う人もいるだろうけれど、本当にいい傘は5年使えるし、傘だけは金を惜しむなとは、祖父の遺言だ。
ここ15年ほど、丸善の傘を愛用していたのだけれど、今回は前原光榮 商店の傘にしてみた。どうも丸善の傘もここのOEMのようだ。

持ち手のマラッカ藤が手にしっくり馴染む。傘全体はずっしりと重いが、前方から吹きつける風に負けない力強さがある。そして12本骨。骨の数でこれほど安定感が違うとは思わなかった。ちょっと他の傘は使えない。雨は楽しみではないけれど、少しでも快適に過ごすための投資と考えればと安いと思う。


コーヒーメーカーが壊れた。
電源が入らなくなると、およそ何もできない機械だから仕方ない。

2、3日は水出しコーヒーポットで凌いでいたのだけれど、そう何日も続かない。朝のコーヒーのために、前の晩からポトリポトリと抽出するような精神的な余裕のある暮らしがうらやましい。

駄目だ、耐えられない。というわけで情報収集。

壊れたコーヒーメーカーはPhilipsのCucina Thermosという機械。


着脱できる水タンクとかなり保温の効くステンレスポットが特徴。保温ポットは外せない。3台続けてPhilips製だったけれど、国内向けはもう販売していないようなので残念。

水出しもできる象印製と少し迷ったが、今回はMelittaにしてみた。水タンクが取り外せないのと、少し注入口が小さいのが気になったけれど、50%OFFで\5,300という価格が魅力。

Melitta アロマサーモ ステンレス ダークブラウン JCM-561/TDMelitta アロマサーモ ステンレス ダークブラウン JCM-561/TD
(2006/09/01)
不明

商品詳細を見る


Amazonプライムで朝頼むと、夕方には届きました。早速試飲。
タンクを満タンにして作成しても、4分程で抽出できるスピードがいい。Melittaらしいヨーロピアンテイストでいい感じ。ポットは口が広くて洗いやすい。
もう少し、注入口が大きければ文句なしだけど。まあそのうち慣れそうだな。

ケータイを換えて、一番かわったのは電子マネーの使用頻度。iD、Edyを常用している。タクシーやコンビニで使うことが多い。SUICAは今ひとつ魅力がないのだけど、ようやく新幹線の車内販売で使えるようになるようだ。

新幹線などの車内販売でSuicaのお取り扱いを開始いたします!~Suica電子マネー初のハンディー端末登場!~ [PDF/38KB]

意外と新幹線の中で財布を出すのが面倒なこと多いからこれは便利。

東海道新幹線もEX-ICとの併用でモバイルスイカが使えるようになる。最初は新大阪までというところが今ひとつだけれど。ハンディターミナルがあれば検札も問題ないし、切符の電子化はインフラがそろった。あと2年もすれば、電車を含むJRの敷地内でリアルマネーはいらなくなるな。コンビニもセブン・イレブン以外はリアルマネーがいらなくなったし、nanacoもSUICAと相乗りしたらいいのにな。


今日は、SO905iCSの発売日。午前中に、成城のDocomo Shopに在庫確認して、そのまま取り置き。

夕方買いにいったら、窓口で手続きしていた左の人も、右の人もSO905iCSだった。
movaからFOMAへの変更だったので、ACアダプタの購入を忘れたりなんてこともあったけれど、無事に入手しました。

期待のカメラは、操作感はやはりケータイだね。シャッターを開けてから撮影可能まで、4秒くらい。待たされてイラッとするかぎりぎりのところ。よっこらしょという感じ。それよりデフォルトのオートフォーカスが遅すぎる。

それ以外の機能は、まあ普通のケータイだけど、この大きさを存在感があると思うか、無駄にでかいと思うかは微妙なところ。

仕事帰りに下北沢のDocomo Shopで道草。

905iCSがそろそろ発売かなと思っていたら、2/15発売と手書きポップが。
店員に、「予約したいんですけど」と言ったら、「入荷数がわからないので、予約は扱っていないんです」とけんもほろろ。

某巨大掲示板では、関西は入荷すらせず、お取り寄せ状態だとか、予約すらできないのは下北沢だけでは無いらしい。売る気があるのかね。機能で差別化しているんだから発表段階から予約ぐらい受けて、生産量を決めたほうがいいんじゃないの。

auのCyberShotを検討したほうがいいのかな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。