aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とりあえず、最初の目標だったテーブル表示とプルダウンによる地域選択ができた。

2008 花火大会カレンダー HTMLのシンプルな表はこちら

2008 花火大会カレンダー
 Googleアカウントをお持ちで、カレンダーを使っている場合はこちら

 iCalフォーマット、iCalに取り込む場合はこちら

 HTMLのカレンダー表示はこちら

 RSSリーダー等に取り込む場合はこちら



スポンサーサイト
iTunesのスマートプレイリストを使って、作曲家の特集を作っている。

Carol King/Gerry Goffin特集とかBarry Mann/Cynthia Weil特集を作って、旅先でiPodで聴くのが楽しみだ。山下達郎のラジオ番組のような特集がお手軽にできてしまうので楽しい。これで曲順とか構成とかに懲りだすと時間がいくらあっても足りない。
ただ、作曲家タグの表記のバラつきには悩まされる。CDDBの普及もあって、アーティストや曲名の表記のバラつきは減ってきたが、作曲家までは、まだ反映されていない。Carol Kingにしても、"C.King"とか"King, Carol"とか、"King"だけの時もあるし。スマートプレイリストで"King"にすると他の作曲家もヒットしてしまうので、うまくない。

作曲家タグまで入力している人には、あまり罪がない。彼らはおそらくCDに添付されているブックレットの情報をそのまま入力しているだけだと思われるからだ。したがってレコード会社や著作権管理団体の問題だと思う。音楽に付随する情報がこのように使われることを想定していなかっただろうし、作曲家の表記について指導、ガイダンスがないせいだろう。いつの日かCDDBは1曲ごとのデータベースにならざるを得ないと思うけれど、その際に表記のブレについて統一されるといいなあ。

ちなみに、昔のiTunesには作曲家タグなんてなかったから、前に取り込んだCDには作曲家情報がない。でも、詳細メニューの"CDトラック名を取得"をすると最新の情報に更新されて、作曲家情報が入手できる場合がある。ただし、まれにアルバム名とかそれ以外の情報が変更されてしまうことがあるのが玉に瑕。iTunes7.7はiPhone対応で忙しいだろうから、iTunes8ぐらいには、タグの差分更新とタグ変更のアンドゥ機能が付くといいな。


なんだか、Google Data APIに行く前に、IEのDOM実装との戦いのようになってきたけれど、今日はTable要素にtbodyが必須だよという話。
IEでのJavascriptのDOM操作に関する備忘録

Google Data APIs Samples - Google Data APIs - Google Codeにあるサンプルで、IEで表示できないなあとおもったら、たいていDOMの話だ。

というわけで、やっとIEでも表示できるサンプルが完成。
2008 花火大会カレンダー -東京-

これでようやくスクリプトをいじれる。




げげっ。前のエントリーでjavascriptでDOMをいじっていたら、IEで表示されていないことに気がつきませんでした。普段はsafariかFireFoxでしか、このblogを見ないので、てっきり表示されていると思い込んでいた。

いろいろと調べると、バグというか仕様らしい。
IE の getAttribute / setAttribute: Days on the Moonに詳しい。
うーんIEとそうじゃない人で分けなければいけないのかな。

もう一つ。GData APIにqueryを投げるときにIEの場合はURLエンコードしなければいけないようだ。これは仕様だね。
たとえばこれは

http://www.google.com/calendar/feeds/foo@group.calendar.google.com/public/full?alt=json-in-script&q=東京都&callback=insertAgenda&orderby=starttime&max-results=300&singleevents=true&sortorder=ascending

このようにする。

http://www.google.com/calendar/feeds/foo@group.calendar.google.com/public/full?alt=json-in-script&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&callback=insertAgenda&orderby=starttime&max-results=300&singleevents=true&sortorder=ascending


FireFoxやSafariでは勝手にエンコードしてくれるのだけど、IEは変なところに律義だ。


Google Data APIの続き。

といっても、今日はDOMを思いだしてリンクを付け加えたり、Googleマップへクエリーを足したり。どちらかというとjavascriptのお勉強。

2008 花火大会カレンダー -東京-


追記
とりあえずテーブル表示に対応。
2008 花火大会カレンダー -東京-


追記
Iframe表示を削除した。リンク先は、IEでは表示されない。
Googleカレンダーを使用して、2008年の花火カレンダーを作成している。せっかくデータが集まったので、他に使えないかと考えた。Googleカレンダーは、Google Data APIをサポートしているので、XMLでいろいろと取り出せる。

Google Data APIをJSONでアクセス - 水青(サービス)Wikiを参考にして、試してみた。
javascriptは得意ではないのだけど、サンプルをごにょごにょしてみる。

今日のところは、カレンダーデータを"東京都"のqueryをかけてフェッチして、日付順にソートするところまで。

2008 花火大会カレンダー -東京-


目標は、プルダウンで県名を選択して、テープル表示かな。

追記
Iframe表示を削除した。リンク先は、IEでは表示されない。

埼玉県の情報を更新。
秩父は未確定。

これで、関東がひとまず網羅できた。
埼玉はなんといっても、 鴻巣でしょう。川越市/第19回小江戸川越花火大会は例年と日程が違いますね。さいたま市の花火大会は今年も3ヶ所なのね。そろそろまとめてもいいような気がするけれど、行政区分とまつりはなかなか一致しないな。

2008 花火大会カレンダー





北極圏のオーロラ
 ヒカリモノ好きとしては、これが真打ちかな。大気圏外から宇宙を見るというのもいいかも。

コルビジェのロンシャンの礼拝堂
 近代建築の巨匠、ル・コルビジェの作品。その異様な外観と光溢れる礼拝堂のコントラストの中に立ってみたい。

ヒメボタル
 ゲンジボタルやヘイケボタルでもなく、光の中に包まれるのだそうだ。

なぜ、私はこれほどに光にあこがれるのだろう。

栃木県を更新。

うつのみや花火大会2008は二尺の3連発ですか。

力強さと美しさのバランスがいいのが二尺玉だと思う。いつだったか、小千谷で見た二尺はよかったなぁ。

2008 花火大会カレンダー




千葉県関連を更新。
南房総市あたりは、ちいさな花火大会がたくさんあるんだなぁ。情報収集が間に合わなくて、確定できない大会がたくさん。関東で残すは埼玉か。おっと栃木もあった。


2008 花火大会カレンダー



茨城県を更新。

「常総市みつかいどう花火大会」は「常総きぬ川花火大会」に大会名変更なり。一度見に行きたい大会だ。今年は8/30。いせさきと鹿嶋がかぶってる。ちょっと悩むなあ。


2008 花火大会カレンダー




群馬県関連を更新。

伊勢崎利根川花火大会中止のお知らせ

ああ、三尺玉が。商工会単独では、資金面でも運営面でも難しいということか。
そのかわり、いせさき花火大会が楽しそうだ。駅から遠いんだよな。


2008 花火大会カレンダー




神奈川県の情報を中心に更新。

二宮町/湘南にのみや花火の祭典中止のお知らせ
とのこと。湘南は花火が激戦だからなあ。今回は会場の問題で中止だけど、来年はどうなるかなあ。それに比べて、鶴見川花火大会はしぶとい。昨年あたりから中止になるかと思ったら今年も開催。
今年は鎌倉に期待かな。関東では水上花火は、鎌倉か、館山じゃないだろうか。
どっちも帰りの電車に苦労するけれど。


2008 花火大会カレンダー





少し時間の余裕があったので、iTunesのメンテナンス。

作曲者とポチポチと埋めていくのだけど、日本の作詞家、作曲家の資料が少なくて困る。権利団体にしてもJASRACがすべてではないし、あの検索システムはちょっと使いづらい。インターフェースと色使いは、Windows NTと某ベンダの匂いがぷんぷんする。

個人のリストにしても、阿久悠、筒美京平すらまともなリストがないのは悲しむべきことだ。松本隆は全曲リストがあるよと教えられて、風待茶房を見てみたが、これもかなり使いづらい。例えば、検索結果が5件区切りのページ表示しかできないし、レコード番号での検索もできない。結果のソートすらできないのだ。欲しいのは、データであってシステムではないんだよ。それが、XMLでもRDBでもcsvでもいいから、データを提供して欲しい。せめてAPIを提供してくれないかな。


余談だが、サイトデザインがひどい。サイト全体のデザインがIllustratorかInDesignを模して、ご丁寧にトンボまで付いている。こういう素人のDTPオペレータの思いつきみたいなデザインが、いまだに生きているのは驚きだ。一昔前の松任谷由実のサイトも同様にひどかったが、最近は少しまともになっているようだ。

東京湾大華火祭がようやく公式発表。8/10(日)に決定。

第21回東京湾大華火祭 中央区ホームページ

なにやら警備関係の問題で日曜開催、予備日なしとなったらしい。ということで、安心して前日の8/9は袋井ですね。

世田谷区たまがわ花火大会と川崎市制記念多摩川花火大会は8/16。世田谷では尺玉もあがるようだ。調布が8号上限になってから、多摩川でというより都内で唯一の尺玉なのかな。


2008 花火大会カレンダー




2月に、年金特別便がきて、社会保険事務所で確認した。
学生時代の国民年金の記録が抜けていたので、訂正を依頼して、はや4ヶ月。年金個人情報提供サービスを使って、時々確認していたら、ようやく記録が訂正された。まあ、訂正に6ヶ月かかるといわれていたから、早かったほうかもしれない。ようやく、個人的な年金問題が解決。

でも、社会保険庁から、訂正したよという案内が来るわけでもなさそうだ。情報提供サービスを知らない人はどうやって確認するのだろう?
Amazonで買おうか買うまいか、ちょっと悩んでいたSingle Collection。ちょっと試聴のつもりのiTunes Storeで1,500円ですよ。


icon
icon
The Beach Boys U.S. Singles Collection: The Capitol Years 1962 - 1965 (Remastered)
icon

しかもiTunes Plusだからね。普段リッピングしているのと同じ品質なんだから、エイヤッと購入してしまいました。ちゃんとブックレットもPDFでついてくるし。一曲150円で65曲でも9,000なんだけれど、値付けの間違いじゃないのかな。それともアナログが多いからおまけ?

私はコレクターではないので、音源がそれなりの音で聴くことができれば満足だけど、Amazonで16,167円だから、パッケージにそれくらいの価値があるかといことだな。そうか、パッケージを未開封にしておけばいいんだ。

US Singles Collection Box: The Capitol Years 1962-1965US Singles Collection Box: The Capitol Years 1962-1965
(2008/06/10)
The Beach Boys

商品詳細を見る


内容はBeach Boysがキャピトル時代に発表したシングルを年代順に、基本的にはオリジナル・モノラルヴァージョンを収録して、ステレオヴァージョンがある場合はそれを追加して、おまけで8曲が未発表ヴァージョン。

"When I Grow Up To Be A Man"と"She Knows Me Too Well"のステレオヴァージョンが嬉しい。製作者の意図を考えるとモノラルがいいのだろうけれど、"When I Grow Up To Be A Man"のリアルステレオなんて、どうしてこれを発売しなかったのか不思議なくらい。

音源は既出だけど、なんといっても"California Girls"と"Let Him Run Wild"のカップリングでしょう。ステレオヴァージョンの"California Girls"ではエンディングでハル・ブレインの素晴らしいドラムがはっきり聴こえる。そして、"Let Him Run Wild"の美しさ。この延長線上にPet Soundsがある。


埼玉のこうのす花火大会で三尺玉が上がる。

県内初登場三尺玉 7月26日こうのす花火大会

大きいだけが花火ではないけれど、東京で見ていると保安距離の問題で、どうしても8号玉や尺玉が限界だから、二尺玉や三尺玉を見たことのない人も多いのではないだろうか。中途半端なスターマインで大会を締めるくらいなら、一発でもいいから三尺玉の音、光に酔いしれるのも花火大会の醍醐味だ。

古河や伊勢崎もあるけれど、東京から一番近くで見ることのできる三尺玉だね。鴻巣なら、ぎりぎり終わってから東京に帰ってこられるって、7/26ですか。隅田川、立川、それに柏崎じゃないですか。来年は日程を変えてくれないかなあ。

花火大会をヘリコプターで上空から眺めるプランがあるそうだ。

近畿日本ツーリスト、花火大会を上空から見ることができる「ヘリクルージング」を発売

宿泊料金+1,000円は魅力的だなあ。隅田川はあまり面白くないような気がするけれど、東京湾大華火祭や江戸川の花火を上空からってのは楽しそうだな。
よくコンビニとかホテルとかサービス業で、名札に研修中などと付けていることが多いけど、あれはどういう意味だろう。研修中だから、サービスに不備があっても許して欲しいという言い訳だろうか。

もし、研修中の人はイヤだから、他の人にして欲しいと言ったらかわりの人がでてくるのかな。サービス提供側の単なる甘えじゃないのかな。


秋葉原の事件。ひどい話だ。

気になるのは、被害者の救援体制だ。
歩行者天国を突っ切る通りだし、渋滞していただろうが、事件発生後、30分経っても現地で手当てを受けている。大量に出血している怪我を現地で手当てするのが普通なんだろうか。一刻も早く病院にというのは素人考えだろうか。ある被害者は1時間10分後に病院に到着したという報道もある。常識的に、東京のど真ん中で救急車で1時間後に病院ってどういうことだろう。

運ばれた病院も、港区や新宿の病院だったりする。千代田区や中央区にだって緊急医療機関があるだろうに。都心の緊急体制ってどうなっているのだろう。

東京は、奥多摩と島をのぞいて確定。と思ったら東京湾大華火祭が正式日程の発表がありません。ちょっと遅くないかな。

神宮外苑花火大会の日程を間違えていましたので訂正しました。8月7日(木)です。

毎年なにかと物議を醸し出す調布花火大会は8月23日とのこと。


2008 花火大会カレンダー




新幹線の車窓から、水田の隣の麦の穂を眺めていた。麦秋を過ぎ、梅雨が本格化すると関東では蛍のシーズンだ。

生来のヒカリモノ好きとしては、花火、星空、街のイルミネーションとならんで蛍も大好き。
でも、具体的にどこそこで蛍を見たと書くのはちょっと憚られる。ここを見て行く人が居るとは思わないけれど、蛍の生息地に、人が多く集まるようになって環境が変化することを気にしているからだ。最近は観光の一環としてホタル祭を行う所も多いので、そういうところはあまり気にならないけれど。

研究者ではないけれど、これまでの経験から、4-5月の気温と降雨量で初見の時期が変化する。雨が多く、気温が高いと初見が早く長い期間ホタルが見られることが多い。今年は雨が多かったけれど気温が低いので、なんともいえない。ということで、早くに帰宅して某所で観察する日々が始まる。

本格的に梅雨に入ったので、いろいろと準備。除湿器がフル稼働だし、クローゼットに除湿剤。雨用の靴を買い、最後に傘。

2ヶ月前にオーダーした傘が届いた。



62cm x 12本骨 マラッカダンディモデル 無地●特別仕立て(傘本体)作成期間約2ヶ月


傘に2万かよと思う人もいるだろうけれど、本当にいい傘は5年使えるし、傘だけは金を惜しむなとは、祖父の遺言だ。
ここ15年ほど、丸善の傘を愛用していたのだけれど、今回は前原光榮 商店の傘にしてみた。どうも丸善の傘もここのOEMのようだ。

持ち手のマラッカ藤が手にしっくり馴染む。傘全体はずっしりと重いが、前方から吹きつける風に負けない力強さがある。そして12本骨。骨の数でこれほど安定感が違うとは思わなかった。ちょっと他の傘は使えない。雨は楽しみではないけれど、少しでも快適に過ごすための投資と考えればと安いと思う。


一応反応しておくか。

「iPhone」について | ソフトバンクモバイル株式会社

携帯のサービスサイトではなく、IRサイトでのリリースというところが、実際は契約だけでスペックもなにも決まっていないというか、知らされていないという状態じゃないだろうか。
でもどうして、このタイミングでなのかなあ。猊下がステージに孫さんを呼び込むパフォーマンスはないのだろうか。

おそらく、docomoからキャリア変更せずに購入してしまうとは思うけれど、スペックだよな。64GB、GPS、カメラのブラッシュアップがあれば満足かな。iTunesを使うならそのくらいは欲しいなぁ。

神戸に行くと夜景を撮りたくなる。

神戸夜景


ホテルのバルコニーからシークルーズ船が戻ってきたところをパチリ。
夜景は三脚がないと辛いな。今使っているのはベルボンの一番安いやつだけど、もっとコンパクトな三脚が欲しいなぁ。

Acrobat 9が発表された。Adobe - Adobe Acrobatファミリー

ユーザーとしては特に欲しい機能がついたわけでもなく、奇数版だからハズレかなくらいの印象。Flashを取り込んでドキュメントをリッチにというけれど、ピンとこない。どのくらいのユーザーがそれを望むのかな。まあ、webサイトのドキュメント化というニーズはありそうだけど、オフィスユーザーにはあまり関係ない気もする。

コラボレーション環境(Adobe Acrobat.com - Work. Together. Anywhere.)をAdobeが用意するのは賛成。この部分は実際に使われないと効果がわからないし、AIRのプロモーションとしても機能すると思う。ただし、Adobeがサービスプロバイダーとして、Microsoft、Googleと競争できるかというと難しいのかな。"Work. Together"というようにビジネスに特化できるのならば、意外と善戦するのかも。やはりGoogleは個人ユースというイメージで日本のビジネスユースには向かないし、Microsoftは本気のようだけど、どこまで信頼できるのかが不明。FlashとAIRとPDFでどこまでこのフィールドに入り込めるのかがポイントだと思う。あれっ、Adobeって何の会社だっけ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。