aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
iPhone 3GとiPodの組み合わせで使うようになって、last.fmのクライアントがうまくscrobbleしなくなった。純正のクライアントはQtのメニューが嫌で使っておらず、iScrobblerを使っている。iScrobblerは"最近再生された曲"というプレイリストに依存していて、iPhone 3GのRemoteで再生した曲には対応できないし、iPhoneを接続するタイミングによって、iPhoneで再生した曲もlast.fmに送信してくれない。

それならばと、久し振りに純正クライアントを試してみた。以前の印象とはちがって、Macらしいインターフェースになっている。メニューがQtライクなのは仕方がない。last.fmのプレイリストを再生するにはいいソフトだなとは思うけれど、iPodのscrobbleはダメ。なにかAppleScriptを経由して、曲名を取り出そうとするのだけれど、スクリプトがエラーになってタイムアウト。結果的にiTunesがハングする最悪の状態。フォーラムで上がっているベータ版も試して見たけれど状況は変わらず。リソースでスクリプトが分離されていればても入れられるけれど、ハードコードされている模様。

なにか他のクライアントはないかなとwigglin' bloggin': もうひとつのLast.fmクライアント『ScrobblePod』を参考に、ScrobblePodをためしてみるとこれがなかなかいい。scrobbleに徹していて動作も軽快な気がする。

scrobbleはScrobblePodで、プレイリストは純正クライアントでというのが現時点の解かなあ。


スポンサーサイト
ひょっとしたら、私にとってのキラーアプリかもしれない。自宅のiTunesをiPhoneで楽しめる「Simplify Media」

iPhoneの16GBという微妙な容量が気になっていたのだけど、Simplify Media - Connect Your Musicを使うと、ポケットにほぼすべての音楽ライブラリが手に入る。"ほぼ"というのはiTune Storeから購入したDRM付きのAACは再生されないからだ。plusならいいじゃないと思うけれど。plusは大丈夫みたい。

自宅はADSLだけれど、ADSLとSoftBankの3Gで十分ストリーミング可能だ。これで、iPhoneとiPodの2台持ちから解放されるし、自宅の244GBのライブラリがどこからでも聴くことができるのはとても幸福だ。

X Lossless Decoder: Lossless audio decoder for Mac OS Xがヴァージョンアップ。

CDリッパーの機能を搭載して、iTunesでのリップ環境の代替としても使えるかな。
試用していくつか問題が。
CDからのAAC変換だとトラック番号がつかない。タグ編集画面にも入力項目がないし。ちょっとこれは痛い。(追記0816版で修正された。仕事が早い)それと、せっかくのマルチスレッド機能がCDからのリップに効果がない。CDからのリップと変換を並行して行えると、もっと高速化できるような気がする。

cueシートの保存ができるようになったので、単純にCDのバックアップには使える。ストレージの容量があと2TBくらいあればなあ。

今回は、フォーマット変換の追加はないけれどTAKのサポートがあれば最強なんだけど。そのためにWindowsを使うのは面倒になってきたので。


高校野球の運営って、よく考えると変だな。

だいたい、野球自体試合時間が決まっていないから、お昼にかかる試合だと、選手は昼食をとる暇がない。教育の一環というならば、12:00になったら、昼休みをとるべきだし、この熱い中、運動を強制するのはいかがなものか。熱中症対策もない。部活動そのものは、生徒のことを考えた対策をとっているのに、試合だからいいのかね。

過密スケジュールで、投手が肩を壊しても保証されない。宿泊費用は学校持ちというのもおかしいよ。コンディションが学校によって違うのは不公平じゃないか。中途半端に教育だったり、興行だったりするからおかしいんだよ。基本的に新聞社が主催したり協賛するイベントは上から目線で高飛車でイヤだな。競技そのものはいいんだけどね。

あれから、23年も経つのか。
ニュースで、日航機墜落事故で亡くなった父を持つというバイオリニストが、御巣鷹山で鎮魂の曲を弾いていた。聴いたことのある曲だったので記憶を辿ると、
Leonard Cohenの"Hallelujah"だった。

深く暗い鎮魂の歌だ。
Jeff Buckleyのヴァージョンも素晴らしい。

iPhone用のヘッドセットを購入した。

純正はマイク部分はいいんだけど、耳に合わなくて苦痛だ。iPod用に永らくEthmoticのER-4Sを使っているので、迷わずEtymotic Research, Inc. - hf2™ Earphonesを選択。まだ、日本代理店がないようなので、直接個人輸入した。$179+$20(送料)+\500也。

余談だけど、UPS: 貨物追跡情報は凄いなあ。荷物番号がわからなくても、発注番号だけでトラッキングできる。おかげで、個人輸入でもあまり心配がない。webで発注から4日後に到着。

さて、使用感だけど、こんな形だから使う人を選びます。

このイヤーフォームに慣れないと、とても気持ち悪いと思う。私は6年くらいER-4Sを使っているので、既に耳がフィットするように変形しているらしく、純正のようなイヤーフォーンははまらなくなった。

マイクとボタン操作部分はかなり大きくて使いやすい。少し大きすぎて、人によっては格好悪いと思う人もいるかもしれない。iPod機能の使用時は、ボタンを一回クリックすると停止、二回クリックすると曲の先送り。電話の着信時は一回クリックで電話に応答、二回クリックで拒否と最低限の機能だけど、iPhoneのタッチパネルを使わずに済むから、カバンやポケットのなかにiPhoneがあっても大丈夫。

音はER-4Sゆずりといいたいところだけど、少し透明感に欠ける気がするのと、若干中音域が前に出ていて、ER-4Sを最初に聴いた時の感動はない。ヘッドセット用のバランスだろうか。でも、この価格でこの音は満足。エイジングしたあとの音がどうなるか楽しみだ。


2.01がきたけれど、249MBって、OSXのアップデータよりすごいな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。