aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さてさて、無事年度末をクリア。ところが、4/4に海を越えてくる飛翔体があるらしいとのこと。あちこちのシステム管理者は、一応BCPの発動に備えて大変な様子。

私の担当しているシステムは、予想経路からいってあまり関係ないけれど、東北や日本海側のインフラ系のご担当者様、ご苦労様です。

担当システムも、予定を繰り上げてBCPのテスト予定。

スポンサーサイト
さてさて、期待していたiTunes 8.1にアップデートして、再リッピング作業をしてみての感想をランダムに。

  • 設定ファイルはとても小さくなった。(120MBが20MBくらいに圧縮)
  • 起動時間は2倍くらい早くなった。
  • 項目(曲)の削除のレスポンスはよくなった。
  • 項目(曲)のメタデータ変更(曲名の変更とか、アーティスト名の変更とか)のレスポンスもよくなった。(でもクルクル虹色カーソルは出る)
  • プリセットのiTunes Plusの設定は、XLDのAAC/256/VBRと変換速度、品質がほぼ同じなので、迷わずデフォルトをiTunes Plusに変更
  • 新規の項目追加はほとんど変わらないか、遅くなった。
  • ジャンルとか、アーティスト名の上のバー上の表記がおかしい(これはバグ)

ということで、既存の項目の再リッピング作業にはかなり効果があるけれど、新規追加の遅さは変わらないし、これから増えていくと悪化するのだろう。

パーティシャッフルは使っていないので、iTunes DJという機能がどうなのかはよくわからない。

これ以上の速度向上は根本的に作りが変わらないと、難しいかな。
なんとなくトータルで7万曲位になりそうなんだけれど、Macを買い替えたほうが幸せになれるのかな。
昨年の秋から、手持ちのCDの再エンコーディング(再エンコーディングは、エンコードされたものを再度エンコードする行為をさすらしい。したがって、再リッピングというのが正しいのかな)を行ってきた。
はじめた時はどうなることかと思ったけれど、ようやく終わりが見えてきた。

のこり400枚くらいだから、桜が散る頃には終わりそうな感じ。

と、嬉しいお知らせが。iTunes8.1!!。そうなんだよ。50,000曲を超えたあたりから、新規のCD読み込みが遅くなってきて、Macを買い替えようかと真剣に考えていたのだ。再エンコーディングは、メタデータが同じであれば、ファイルの入替えなのでそれほど時間はかからない。要は"iTunes Music Library.xml"ファイルの要素の変更だけど、新規の追加は、要素の追加になるから、とても時間がかかる。私の環境ではXMLファイルが100MBを超えたあたりから、極端に遅くなった。さらにスピーディーになんて書いてあると期待してしまうよ。

早くでないかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。