aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Windows 7、値下げと無償アップグレードで大ヒットなるか? - ITmedia エンタープライズ

なんて書いてあると、6年がかりの作戦じゃねえーのと思った。

スポンサーサイト
神奈川県を追加しました。

今年は中止が多いのかなと思っていたけれど、観光協会主催の大会はがんばっている。商工会主催とか、市の主催で中止がちらほら。どの大会も資金不足で、協賛金を募っているし、一昨年から流行となっている、有料観覧席販売も半分くらいの大会が採用している。それでも、ほとんどの大会が、玉数を減らすなど、規模を縮小している。

玉数を減らして、時間が変わらないから、全体的に打ち上げのタイミングを調整するのだろう。プログラム進行は腕の見せ所だ。

東京の予定を更新。

調布が7/18とかなり早くて、川越とかぶった。うーん、ここ数年の調布はどうもちぐはぐだし、ここは川越に遠征かな。

今年も、花火カレンダーを作成中。諸事情で遅くなってしまいましたが、とりあえず、新潟、長野、埼玉の決定情報を入力済みです。

東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、新潟、長野をカバーしています。今月中には完成の予定。

2009 花火大会カレンダー




花火大会一覧
朝起きたら、予定通り更新通知がきていたので、コーヒーを飲みながらアップデート。念のためバックアップをonにしていたので、更新よりもバックアップが長かったけれど無事完了。

"カット、コピー & ペースト"も"ボイスメモ"、MMSも動作を確認。一番期待していたのはCalDAVサポート。ネットワーク上のicsをダイレクトに照会することができるし、CalDAVサーバーであれば双方向ができる。いままでは、照会ができなくて、わざわざローカルのicsを作成して、MobileMeと同期させていたので面倒だった。ところが、どこで設定するのか、iPhoneのカレンダーを探してもない。

MobileMe:照会カレンダーおよび CalDAV カレンダーの同期をみると、「設定」 > 「メール/連絡先/カレンダー」と選択してとあるけれど、そこから先がよくわからない。

アカウントを追加...をタップして、その他をタップするとようやく、CalDAVアカウントを追加と、照会するカレンダーを追加が出てきた。こりゃわかんないよ。

あとは、照会するカレンダーを追加から、カレンダーのURLを入力してあげると、無事追加できました。とりあえず、PiPELiNEさんが作成された六曜カレンダー for iCalとアップルの日本の祝日を登録。

GoogleカレンダーもCalDAVサポートだから、双方向ができるのかな。後で試してみよう。

ダイレクトメールを読んだときはそれほどでもなかったのだけど、サイトを見ているうちにだんだん物欲がわいてきた。

E-P1|デジタル一眼カメラ
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/17/029/index.html



なんといっても、そのフォルム。コンパクトカメラから連想されるイメージを具現化している。ケータイで写真を撮ることがネイティブではない世代(35歳以上かな)にとって、カメラをイメージするとこうなるのではないか。

私は、デジイチを持ち歩くことに抵抗があるので、これだったら許せる範囲かな。
惜しむらくは、内蔵フラッシュがあればなあと思う。

あとは質感を確認しに、ショールームに行かなくちゃ。



1981年 原日出子の"青いラプソディー"。
松本隆/筒美京平の隠れた名曲だと思うのだけれど、CD化されていない。
YouTubeでアナログ音源を発見。




どうしても聴きたい、そこにあるのに聴かないなんて、気持ちが悪くて夜も寝られない。という気分になり、コロムビア オンデマンドCD から購入してみた。




麗美のリマスターされたベスト盤は発売されているけれど、一曲足りない。"君の友達でいたい"が入ってないじゃないの。これはオリジナルを買わなきゃ。と購入してみたのだが。

CDはCD-R。これはまあ、商品説明にあったからよしとする。

パッケージはプラケースに、過去のジャケットをスキャンして、オンデマンドのカラープリンタで出力し、製本されたジャケットが入っている。これがなんだか再現性が低い。スキャンは印刷物の網点を消してモアレが出ないように努力しているのはわかるけれど、平網が均一でなくプロの仕事とは思えない。出力もトナーの光沢は押さえられているもののマット紙にカラーコピーしたような色の沈み込みがあって、所有欲は満たされない。

問題は音で、まさにリマスターもなにもされていない当時の復刻のようだ。今回購入したのは1984年発売なので、レベルがとても低くいし、レンジが狭い。20年くらい前のCDラジカセで聴いているような気分になる。一曲のために、\2,500の価値はないなあ。それしか聴く方法がないとまた購入するだろうけれど。リマスターしろとは言わないが、もう少し、現在の音楽状況に合わせるとかあっても良さそうなものだ。いっそのこと、CDDAデータのダウンロード販売もしてくれないかな。リマスターもエンコードも自分でやるからさ。


少し時間があったので、Interop Tokyo 2009を見てきた。といっても、幕張だから、ちょっとというわけにもいかない。

Ethernetも10Gが、ようやくいい感じになってきた。48ポートで200万くらいからとなると検討の余地もある。FCoEも10Gなら現実的だし、これでばかっ高いFC Switch Hubとはおさらばかな。といっても、Brocadeも10G Switchで頑張っているわけだけど。

IPv6もようやく現実的な解が見え始めたのかな。ラージスケールNATって、やっぱりNATかよと思うけれど、今の"やればできるけれど、でもさぁ..."という状況からは一歩前進。ISP側が選択肢としてIPv6もありますよと提示するのは正しい。

展示会全体はおもったより盛況。その他、仮想化とグリーンITが盛り上がっていた。
ぼやぼやしているうちに、あっという間に6月になって、WWDCですか。
Safari 4のテストがてら、久しぶりの更新。

MacBook Proも順当なアップデートのような気がするけれど、SDカードスロットって。そんなに需要があるのだろうか?

iPhone 3G Sってネーミングもアップルらしくないし、なんだか魅力に欠ける。

それよりも、10.6はやはりInte onlyなのか。そろそろ、Macも買い替えかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。