aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
なーんだ。バラ売りするのか。ようやく、2006年リマスターが聴けるのね。

松田聖子 www.seikoweb.com

松田聖子の80年代のオリジナルリイシューは、2006年の10万円ボックスはあったけれど、その単体バラ売りがなくて、アルバム単体はCD選書シリーズしかなかった。1枚だけ持っているけれど音がショボショボで、なかなか購買意欲がわかなかった。それでも同時期の歌謡曲モノに比べれば、ダイナミックレンジは広いし、レベルも高い方なのでマイナーチェンジはしていたのだろうけれど、基本的には発売された当時のままだった。
2006年にボックスがでた時にリマスターされていたらしいけれど、ちょっと手がなくて確認できず。

今回、Blu-spec CD仕様でまとめ売りされることは知っていたけれど、待望の単体売り。さっそく大瀧詠一絡みの"Candy"と"風立ちぬ"を予約。

あとは、選曲をみて9月発売の"Bible"を買うかな。思い入れでいうと"Canary"も。

それにしても、紙ジャケとかDVD付とかを限定にするのはわかるけれど、リマスターを限定にするのはやめて欲しいな。いつでも手に入る流通量の多い通常盤の音質を上げることで、たとえそれが30年前の録音でも現在の音楽として生き残るのだから。


  

スポンサーサイト
iPhoneのTo Doは本命不在だ。

Appleは、これといったソリューションを提示しないし、そもそもユーザのTo Doに求めるものが振幅が大きい。

iCalやOutlookという伝統的なデスクトップアプリケーション。これに、Rember the MilkやGoogleのToDoリストといったwebサービス、様相を複雑にするのはGTDツールの存在だ。

とりあえず、何を使うか考えた。
データはローカルのマシンに置きたい。それほどwebサービスを信頼していないし、To Doははちょっとメモしておくとか、あれどうだったかなとか、参照や作成のレスポンスが一定であるほうがうれしい。そうすると、Rember the Milkは落選。GoogleのTo Doは現時点では機能不足。
デスクトップアプリケーションとして、手に馴染むのはiCalだけれど、To Doはいずれかのカレンダーに属さないといけない。どうもピンとこない。そもそもTo Doをカレンダーオブジェクトで表現しようしたところに標準化されない現況があると思う。残るは、OmniFocusとThings。OmniFocusはGTDが前提で私の欲しいTo Doとはちょっとかけ離れている。

Things
というわけで、Thingsを試用している。

2台のMacで同期するには一工夫必要だし、iPhoneとの同期はBonjourのWi-Fiだけとそっけないけれど、毎朝、同期するという習慣付けが出来れば苦ではない。なによりもアイコンに魅かれた。ひとつだけ、日本語版の訳語で、"Someday"が"未定"になっているのが気に入らないけれど、リソースを直せばいいか。
政権交代は景気後退だ。なんて、当人はシャレたキャッチフレーズのつもりで言ったのだろうが、政権を担う者が、政権交代という言葉を口にしてはいけない。

どうも、今の首相は言葉をおろそかにしすぎる。それだけでも政治家としては致命的だ。
Amazonから予約受付キター。
速攻、ポチ。9月までは死ねなくなった。

しかし、すべて日本生産なのに、輸入盤との価格差は何ナノかね。Appleのことだから、日本だけの特典があるわけも無し。


茨城県を更新。ようやく関東が終わりました。

それはそうと、花火大会ではないけれどこれはすごい。

壮観!! 信濃川153キロを花火リレー 今秋、日本海まで9分間の光の芸術 (1/3ページ) - MSN産経ニュース

信濃川の上流、長野県から新潟まで、花火のリレーをしようという企画。どこで見ようか、わくわくするなあ。やはりゴールの新潟で見るのがいいのかなあ。長岡あたりで、ヘリコプターから見たいなあ。

栃木と群馬の情報を更新。

あらら、群馬は太田といせさきが中止ですか。
今年は群馬を攻めようと思ってたのに。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。