aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
iTunesで管理している項目が1.2TBを超えて、メインのディスクに納まらなくなったので、ディスクを追加。
FW800対応で、2TBの容量だとほとんど選択肢がない。いままで、5台買ってトラブルなしの実績から、WesternDigital My Book Studioに決定。

Amazonで、チェックしていたのだけど、なかなか、20K以下にならない。


結局、アップルストアが最安だったので、エイヤッと2台購入。28時間後には手元に到着。

WesternDigitalは、ユーティリティを勝手にマウントするので、ファームの更新とマウントをオフにして、パーティションをきり直して、初期化。

ITunesの項目の移動は、ライブラリファイルをバックアップして、iTunes for Mac:「iTunes Media」フォルダを移動するに書いてある手順通り。
1TBの移動に、5時間かかった。
本当に全項目移動したかどうか確認は次の手順
1. フォルダの情報を見てサイズ、項目数が一致するか確認。
2. それぞれのフォルダのファイル一覧をテキストに書き出して、diffで比較。

cd hoge_old
find . -print | sort > old.txt

cd hoge_new
find . -print | sort > new.txt

diff old.txt new.txt > result.txt


result.txtに比較結果が得られたので、熟読。ファイルの大文字、小文字、ダブりファイルの重複ファイル名の違いしかなかったので、今回はこれでよしとした。

rsyncで比較してもいいけれど、ちょっと時間が読めなかったので今回はパス。最悪、ファイル破損はTimeMachineのバックアップからリストアのつもり。

2TBを超えたら、RAIDかなぁ。
スポンサーサイト
MacBook AirはやはりAirで使いたい。一応Ethrenetアダプタは買ったけれど、WiFiでしょうということで、隣に並んでいるMacBook ProをAirMac経由でインターネット共有して、ネットワーク環境を間借りした。

まあ、だいたいこれで用はすむのだけれど、一部のサービスは別のルーティングをしないといけない。
ということで、MacBook Airにルーティングテーブルを書くのは今一つだし、他のWiFiスポットではかえって面倒だ。間借りしているMacBook Proにルーティングテーブルを書いてしのぐことにした。
でも、OSXは再起動すると、手動で追加したテーブルを忘れてしまう。StartupItemsを利用して、起動時にシェルスクリプトを実行するようにしたので、メモ。

routeになって、ディレクトリを作成する。

mkdir /Library/StartupItems/AddRoute

そのディレクトリの中に、同じ名前でスクリプトを作成する。

vi mkdir /Library/StartupItems/AddRoute/AddRoute

以下の内容を作成

#!/bin/sh
# Set up static routing tables

. /etc/rc.common

StartService ()
{
ConsoleMessage "Adding Static Routing Tables"
route add -host xxx.xxx.xxx.xxx yyy.yyy.yyyy.yyy
}

StopService ()
{
return 0
}

RestartService ()
{
return 0
}

RunService "$1"

もうひとつファイルを作成する。

vi /Library/StartupItems/AddRoute/StartupParameters.plist

以下の内容を作成。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
<key>Description</key>
<string>Adding routes to external Services</string>
<key>OrderPreference</key>
<string>Last</string>
<key>Provides</key>
<array>
<string>AddRoutes</string>
</array>
<key>Uses</key>
<array>
<string>Network</string>
</array>
</dict>
</plist>

アクセス権を確認。

chmod 755 /Library/StartupItems/AddRoute
chmod 755 /Library/StartupItems/AddRoute/AddRoute
chmod 644 /Library/StartupItems/AddRoute/StartupParameters.plist


ls -l

して
ownerがroot、groupがwheelになっていればよい。

以上で起動時にrouteが実行された。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。