aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
夜更けに電話待ちをしている間に、ふと、デジカメを買うことを思いついた。
以前は、何台か使っていたのだが、ここのところケータイのカメラで済ませていたのだった。最初のデジカメはAppleのQuickTake100。双眼鏡みたいなフォルムと、らしくないVGAのしょぼい画像が素敵だった。
二台目はやはりAppleのQuickTake200。こいつは旅行に連れて行ったり、親戚の家のテレビにつないで観賞会をしたりとずいぶん活躍した。まともに使えてしまうのが、なんとなくシャクな優等生だった。FUJIのOEMじゃしょうがないか。
三台目はKodakのDC260。こいつは災難だった。ひたすら重いし、起動も遅すぎて、シャッターチャンスって何ってかんじ。さあこれから撮りますからね、みなさん。どちらさんもいい顔してくださいね。といわないとシャッターが押せないタイミング。家族旅行では、専属カメラマンと化して、一番最後をかなり遅れ気味に小走りで同行するハメになる。肝心の色は、補正しなくてもまともだったことだけが救いか。

それ以来、デジカメはケータイで済ませて、創作意欲は二の次。携帯性とお気楽感で過ごしてきた。まあ、歴代のデジカメはすべてもらい物で、QuickTakeはAppleが勝手に送ってきたし、DC260も、いつの間にか手元にあったから使っただけのことだ。ということは、デジカメそのものにそれほど必要性も必然性もなかったということだ。

さて、各地に花火を見に行くのだが、記録がないことに気がついた。そもそも花火の写真は難しいし、午前中から場所とりして、三脚たてて見るのも趣味ではない。花火写真家は数多くいるので美しい写真には事欠かない。したがって芸術的要素はいらない。えびす講煙火大会の待ち時間が長く寒すぎたので余計な事を思いついてしまった。

デジカメのRFPはデジカメ思案1に続く。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://aij.blog80.fc2.com/tb.php/105-dbd23679

NOVAうさぎデジカメ写真アルバム (説明扉付きスリムパッケージ版)
ソースネクストPanasonic デジタルカメラ LUMIX720万画素 光学10倍ズームブラック DMC-TZ3-K 松下電器産業デジカメの達人 Power+ 日本アイ・ビー・エム Amazon.co.jp デジカメで撮り貯めた写真の管理から、さまざまなシーンでの利用をサポートするデジカメ活...

2007.03.06 11:31 | デジタルカメラのキャノンとオリンパスとニコン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。