aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
EXILEと倖田來未のヴァージョンでは物足りなかったので、オリジナルを引っ張り出して聞いてみた。リリースは90年だが、ある意味でバブル景気の終わりを飾った名曲だろう。そう考えると、この曲がリバイバルするのは、いざなぎを抜いたとかいう好景気の終わりを意味するのか。

この曲を聴くと当時の六本木を思い出す。単なるヤンキーの成り上がり者が六本木のディスコで遊び狂っているのを傍目に、明治屋の上のビルで地味にマクロアセンブラをぐにょぐにょしたり、Macintosh Plusでマニュアルを作ったり。トゥーリアで照明が落ちたり。明け方、マクドナルドの深夜バイトの時給が自分の時給より高いことにショックを受けたり。六本木西公園で昼を食べたり。まともなコーヒーを飲もうと六丁目辺りの喫茶店に入ると一杯900円だったり。

それにしても、このころのCDは音のレベルが低いなぁ。今と比べても5dbくらい低いんじゃないか。再発されるそうだけど、リマスターされているのかな。
WON’T BE LONG(DVD付) WON’T BE LONG(DVD付)
バブルガム・ブラザーズ (2006/11/29)
ERJ
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://aij.blog80.fc2.com/tb.php/141-038a44dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。