aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
iTunes Plusも始まってディスク容量も2倍必要になったし、外付けHDを購入した。

条件は容量が大きくてFireWire800に対応していること。Maxtor OneTouch III F30W750 750GBがAmazonで激安だったので即ポチリ。750GBで44,800円だったので、1GBあたりの単価が59.7円。ケース込みでも安いなあ。

さっそく、初期化し直して実行容量は698GBになった。
PowerMac G5内蔵の起動ディスク(シリアルATA)から10GBコピーすると8m20s。120項目/96GBのコピーに1h15m。起動ディスクではない内蔵ディスクからの120項目/110GBのコピーは48m。ずいぶん差がある。起動ディスクはswapがあるから、たびたび割り込みが起きて遅くなるということか。

OS Xは起動ディスクには、システムファイルとアプリケーションだけ。ユーザーデータは別のディスクに置くのが効率がよいという感覚で思っていたことが裏付けられたようだ。本当はswapパーティションを切れればいいと思うけれど、それはMacらしくない。

OneTouchIIIは音も静かでなかなかよろしい。以前laCieの外付けを使っていたが、それよりも静かだ。デザインはギラギラする白色LEDさえ見えないようにすれば、気にならない。

それにしても、この次外付HDを買うことがあるとしたら、1TBを超えることになるのだな。個人のデータの蓄積や消費って死ぬまでにどのくらい必要なのかな。

Maxtor OneTouch III F30W750 750GB FireWire400/800/USB2.0 外付け型ハードディスク Maxtor OneTouch III F30W750 750GB FireWire400/800/USB2.0 外付け型ハードディスク
()
Maxtor

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://aij.blog80.fc2.com/tb.php/293-c5cab80f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。