aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

先日、特価で購入したVMware Fusionを使ってみた。





Parallels Desktopとの比較になってしまうが、

Pros.
  • 日本語リソースが入っているので、サポートの必要がなければ、日本語版をわざわざ購入する必要はない

  • Boot Campパーティションを使う事は特に問題がない
    Parallels Desktopの場合、シャットダウン時に異常に時間がかかる場合がある

  • デュアルコアを認識する

  • ネットワーク性能はやや上

  • ダウンロード可能な、Virtual Applianceが豊富

Cons.

  • Boot Campパーティションの起動プロファイルにVMware toolsをインストールする
    Parallelsは、別プロファイルにインストールするので、既存環境から取り除くのが簡単。

  • ツールバー等のデザインが垢抜けない


新規にディスクイメージを作成して、Windowsをインストールする手順はどちらもほぼ変わらない。ホストOS(OS X)に対する負荷もあまり変わらないように思う。Parallels Desktopは10.5対応がまだRCレベルなので、公平な評価とはいえない。coherenceモードとunityのどちらがいいかといっても、最近はフルスクリーンでspacesで切り換えるようにしているので、どちらとも言えない。

今日時点での安定度はVMware Fusionの方が高い。Parallels Desktopの最近のベータビルドでは、spacesでの切り換えにもたついたり、終了に異常に時間がかかることがあるので、正式リリースされたら、もう一度検討してみたい。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://aij.blog80.fc2.com/tb.php/479-d5f67ca8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。