aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Amazon プライムを登録した。一回350円のお急ぎ便が使い放題、送料無料の制限もなしというサービスだ。月に3回くらいは注文するので、お得な感じ。

で、正月休みに読んでいたのが、"黒沢進著作集"。昨年亡くなった黒沢進さんの著作を集大成したもの。これは素晴らしい。HotWaxはいい仕事をするなあ。

Hotwax責任編集 黒沢進著作集 Susumu kurosawa Works volu.1Hotwax責任編集 黒沢進著作集 Susumu kurosawa Works volu.1
(2007/12/19)
黒沢 進

商品詳細を見る



私が日本のロック史として読んだ多くのものは、はっぴいえんどからはじまって、ティンパン系、ミカバンド、アルファレコード系とある意味YMO史観とも呼ぶべきものが多かった。80年代の初め、宝島とかビックリハウスとかの頃だ。もちろん1955年からはっぴいえんどまでの15年くらいにロックがなかったわけではなく、それを最初に意識させたのは大瀧詠一であるけれど、さらにそれをつなぐものとしてGSを定義したのが黒沢さんだった。

このおかげで、歌謡曲を含めたポピュラーソングへの違和感も無くなったし、聴く音楽の幅も広がった。まだ、読み終えていないけれど、これは宝物。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://aij.blog80.fc2.com/tb.php/508-44d796df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。