aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Daryl Hall & John Oatsといえば、80年代、MTV時代のポップ・デュオとして華々しいが、私が好きなのは70年代のブルーアイドソウルからAORの時代。

"Sara Smile"、"Rich Girl"、"Wait for Me"とならんでいちばん好きなのは"She's Gone"。
1973年の曲だが、1974年にビルボード60位と小ヒット、1976年に再ヒットして堂々7位。
ザ・ベリー・ベスト・オブザ・ベリー・ベスト・オブ
(2001/11/21)
ダリル・ホール&ジョン・オーツ

商品詳細を見る


1974年にR&Bチャートのトップに輝いたTavaresのカヴァーもいい。
Best of TavaresBest of Tavares
(2003/02/04)
Tavares

商品詳細を見る


コーラスの掛け合いがいかにも70年代ソウルの香りがただよってきてたまらない。

のちにDaryl Hallのソロでも歌っていたけれど、こちらはちょっと切なさが足りなくて今一つ。

キャント・ストップ・ドリーミングキャント・ストップ・ドリーミング
(1996/11/21)
ダリル・ホール

商品詳細を見る


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://aij.blog80.fc2.com/tb.php/554-db2cabdb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。