aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
人より多めにとった連休も今日で終わり。まあ、連休中に出勤もあったのでつじつまは合っている。

連休中は、下北沢、下高井戸近辺をブラブラした他は、積ん読の消化、CDの整理。
Amazonのおすすめにリストされたので、絲山秋子を読んでみた。

袋小路の男 (講談社文庫 い 113-2)袋小路の男 (講談社文庫 い 113-2)
(2007/11)
絲山 秋子

商品詳細を見る


短編集なので何気なく読んでいたけれど、"アーリオ オーリオ"が秀逸。ちょっと技巧的かなとも思うけれど、どこにも行き場のない紙飛行機を拾い上げるラストシーンに、気持ちが動いた。誰なの?この作家はということで、いくつかまとめ読み。


イッツ・オンリー・トーク (文春文庫)イッツ・オンリー・トーク (文春文庫)
(2006/05)
絲山 秋子

商品詳細を見る


逃亡くそたわけ (講談社文庫)逃亡くそたわけ (講談社文庫)
(2007/08/11)
絲山 秋子

商品詳細を見る


海の仙人 (新潮文庫)海の仙人 (新潮文庫)
(2006/12)
絲山 秋子

商品詳細を見る


"イッツ・オンリー・トーク"、"逃亡くそたわけ"は、躁鬱系で、でも"逃亡くそたわけ"にはロード・ムービーを想わせる爽快感がある。今回はまったのは"海の仙人"。キャラクターもいいけれど、そのストーリーがゆるやかで、でも大きな波を感じる。読み終わった時に、波が引いていくのがわかる。あまり同世代の作家は読まないのだけれど、もう少し読んでみるかな。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://aij.blog80.fc2.com/tb.php/563-b0fc52b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。