aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
別に急に社会情勢が気になったわけではなく、テレビのニュースの終わりに為替レートや株価をテロップで出すようになったのは、いつからだったかと思っただけ。80年代のバブル絶頂期にもそんな習慣がなかったような気がする。おそらく、90年代の真ん中あたりにニュースステーションが始めた気がする。

何が言いたいかというと、その情報は誰の役に立つのか?ということだ。テレビのニュースでしか為替レートや株価がわからない人は、おそらく自分の経済と株価の関連が薄い人だ。必要な人は、それ以外のソースから情報入手できるだろう。そういう人たちにまで、今日は000円あがった、000円さがったとアナウンスすることになんの意味があるのだろう。つい先日は、セットで組んだ日経平均のグラフをバックに、「株価はどこまで下がるのでしょうか?」などとコメントできる神経を疑う。

それこそ金融資本主義のお先棒を担ぎ、くだらない経済学者や、フィナンシャルプランナーが、コメンテータ然と居座るようにしたのはマスコミ自身だろう。その自覚なしにそういう場で、したり顔で金融資本主義の批判などできるのかな?

一般大衆に対するアナウンス効果が大きいので、株価は報道しませんというのが正しいニュースのあり方じゃないのか?

せめてNHKくらいは、率先して株価のテロップをやめたら受信料くらい払ってやるのに。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://aij.blog80.fc2.com/tb.php/654-aa458372

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。