aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
加藤和彦が亡くなったという。
ミカバンドにそれほど興味なく、独特のスノビズムが苦手だったけれど、安井かずみとのコラボレーションでいくつかのソロアルバムは大好きだ。"BOLERO CALIFORNIA"、"Papa Hemingway"、そして"あの頃、マリー・ローランサン"。未だにリマスターされないけれど、"ニューヨーク・コンフィデンシャル"なんて何度聴いたかわからない。矢野顕子のカバーも秀逸。


清志郎の時もそうだったけれど、某巨大掲示板では、誰が弔辞を言うかとか、こうコメントしたとか囂しい。何を期待しているのだろう?そんなことどうでもいいじゃないか。自分の言葉で語ることが、大事だと思うのだけれど。自分の言葉を持たない世代の不幸か。

追記
フォークルの再結成盤に入っている"感謝"を聴いていたら、予期していたような歌詞に、少し涙ぐんでしまった。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://aij.blog80.fc2.com/tb.php/702-3b622e49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。