aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
晩秋、長野のえびす講煙火大会を見た。
今年は、仕事の都合や、体調の悪さで夏の花火をほとんどパスしたけれど、これだけは見逃せない。

例年ほど冷え込まず、適度に煙も流れて、絶好の花火日和。途中までは、上弦の月と隣に木星がキラリと花火を見守っていた。

新作10号玉は15社共演といつもより増量かな。バラエティにとんでいて楽しめた。四重芯の中心がブレてちょっと残念。

すっかり名物になったミュージックスターマインも素晴らしかった。音楽との同調性は、明らかに青木煙火が優れていたけれど、例年のような感動がない。うーん、最初のパラシュートから、流れるように花火を繰り出す技術は凄いんだけど、海外の花火を見ているような。といっても、これだけの花火は外の大会では見られない。対する信州煙火は、Mission Impossibleの選曲が大成功。スーパーワイドな展開で楽しい花火になった。

帰りの人混みを避けて振り返りながら、打ち止めの10号10発を見る。今年も終わりかなと感慨深い。最終のあさまで東京に戻る。

堤防沿いのかがり火がなかったような気がしたけれど、やめちゃったのかな。好きだったのだけど。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://aij.blog80.fc2.com/tb.php/711-9e40f642

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。