aij[beta]

日々の芥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Claudine Longetを少しずつ集めていて、ようやくCDのオリジナルをコンプリート。最後の一枚は"Colours"。中古でもあまり見かけなくて、ロシアのLilith.comのリマスター盤を入手。ロシアのレーベルなんて怪しいなあと思ったけれど、A&Mの許諾はあるようだ。しかし、このレーベルは、なんでこのアルバムだけ許諾を受けたんだろ?どうせなら全部発売したら、それなりの売り上げはあるだろう。USのAmazonのレビューでも、8年くらいまえの日本盤を輸入するしかなくて残念と書かれていた。

デジパックだけれどアナログだったらジャケ買いしてしまうほど美しいカバー。音はまあまあ。Nick DeCaroのストリングアレンジ、Claudineのウィスパーヴォイスにうっとり。Randay Newmanがピアノも弾いている"I Think It's Gonna Rain Today"がベストトラック。

あとは、未発表曲集の"Sugar Me"と"五木の子守唄"。"Sugar Me"はiTunes USで我慢するとして、"五木の子守唄"はなかなか出てこないよなあ。



今日は、東京国際フォーラムで矢野顕子。

先日のヤマハホールより、中低音重視のPAでどちらかというと、ロックよりの音。どちらかというと、今日の音の方が落ち着いて聴いていられた。
ゲストは奥田民生。"money song"、"2 CARS"、あっと驚く"大迷惑"、アンコールで"股旅(ジョンと)"。

ここのところ気に入っているらしい忌野清志郎の"恩赦"と"きよしちゃん"の後半には"雨上がり"の一節もあって、少し淋しい気持ちになった。加藤和彦の"ニューヨーク・コンフィデンシャル"なんてやってくれないかなとも思った。

立花ハジメプロデュースのオブジェの話、東北ツアーの話、奥田民生との掛け合い、新しいプロジェクトの話と盛りだくさんだった。

ツアー直前のウォーミングアップというわけでもないだろうが、銀座のヤマハホールでピアノ弾き語り。

新装したヤマハホールは300席ほどのこじんまりとしたホール。緩やかな傾斜でどの席からもアーティストの顔が見える。ピアノの音が素晴らしくて、今日は前から4列目だったけれど、真ん中後方の音を聴いてみたい。でもヴォーカルマイクはいまひとつ。

セットリストは、ツアーまでのお楽しみだけど、清志ちゃんメドレーあり、弾き語りで初めて聴いたGreen Fieldsあり。

26日の東京国際フォーラムは、ゲストが奥田民生じゃないですか。あの曲だね。

春のナイアガラ詣は、SongBook ?のリマスター、CoverBook 1、とファーストのカバー集。
SongBookに"幸せな結末"やラッツ&スターの"夢で逢えたら"が入ったのは嬉しいね。松田聖子の"いちご畑でつかまえて"はエンディグ無しのショートヴァージョン。オリジナルではロングヴァージョンだった"風立ちぬ"も公式ヴァージョンに変更。
ただ、ほとんどなかったことにされている"恋するふたり"もいれて欲しかったな。

CoverBookでは、キタキマユの"あなただけI LOVE YOU”が出色。稲垣潤一はどちらかというとSongBookのような気もする。"アキラのさらばシベリア鉄道"あたりはリマスター技師の腕が冴える。

ファーストのカバー集はどうなんだろう、小島麻由美が入っているから許すけれど、一般的な訴求力はないような。ファーストなら、細野晴臣のカバー集なんていいかも。

 

在りし日の歌謡曲ファンは3.21なんてわくわくしたものだけど、最近はそういうのがないね。








かたやピアノの鬼才、かたや幻のジャズシンガー。ジャケットの相似以上に、今の私にとって同期する音がある。





オリンピックの開会式は、開催毎に冗長に、つまらなくなっている。誰があのショーを楽しんでいるのだろう?
開催者の自己満足が8割くらいじゃないかな。

バンクーバーも、ゆるーい感じのショーと、下手くそな女性アナウンサーのせいで、途中で見るのをやめようかと思ったけれど、起死回生、圧巻のパフォーマンスはk.d. langだった。それも、レナード・コーエン先生のhallelujahときた。

早速iTunes Storeで購入

この曲のベストパフォーマンスはJeff Buckleyだと思う。k.d. langの堂々とした歌唱に祝福を感じる人もいるのだろうけれど、本当にあの場所で歌われるべき歌だったのだろうか。

矢野顕子 さとがえるコンサート2009@NHKホールを聴いてきた。

昨年と同じバンドで、相変わらず超絶ギターと、怪物パーカッション。昨年の勝負を挑むような緊張感はあまり感じられず、前半は調子が出ないのかなとも思ったくらい。ピアノ弾き語りを挟んで、後半は凄かった。奥田民生のカバー"股旅"がいい感じ。

来年は2月にピアノ弾き語りCDがでるそうだ。ソロツアーもあるらしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。